製品を探すPRODUCTS SEARCH

導通検査とは

配線試験やオープンショート試験とも呼ばれ「短絡」「断線」「誤配線」の検査です。
「JIS C 3005 4.5 導通」に準拠した試験で判定されます。

抵抗検査とは

ワイヤーハーネスの端子間の導体抵抗の測定/判定をおこないます。
「JIS C 3005 4.4 導体抵抗」とは異なる試験になります。
機種により2線式のみと2線式/4線式の両方式のものあります。
2線式は検査器の内部抵抗、接続治具配線、検査対象物の全ての合成抵抗の測定値となります。
4線式は専用の接続治具配線をおこなう必要がありますが、検査対象物の抵抗を正確に測定することが可能です。

耐圧検査とは

ワイヤーハーネスの導体対導体の導通でない配線間の絶縁耐力の試験をおこないます。
「JIS C 3005 4.6 耐電圧」に準拠した試験で判定されます。
検査器によってはAC耐圧のみとAC/DC耐圧の両方ができるものがあります。

絶縁抵抗検査とは

ワイヤーハーネスの導体対導体の導通でない配線間の絶縁抵抗の試験をおこないます。
「JIS C 3005 4.7 絶縁抵抗」に準拠した試験で判定されます。

瞬間断線検査とは

ワイヤーハーネスの導通のある端子間において振動や衝撃時の瞬間的な断線発生の試験をおこないます。
瞬間的な断線の発生は、振動や衝撃が終わると元の導通状態になります。
電気的規格は「JIS C 5402-2-5」「IEC 66512-2-5」のコンタクトディスターバンスに準拠しておこなわれますが、
振動や衝撃は試験されるお客さま側の作業になります。
設定によっては「JIS C 5402-2-5」「IEC 66512-2-5」の準拠しない範囲も含まれます。

NMC128+

導通チェッカーとして必要な機能の殆どが搭載されてるナックを代表する「ロングランの導通チェッカー」です。検査器本体に余裕の800品番分のメモリを実装、長期間安心してご使用頂けます。

ハーネスチェッカーの一覧
導通検査
(導通判定値)
18KΩ
抵抗検査
(抵抗判定値)
---
耐圧検査
(試験電圧)
---
絶縁検査
(試験電圧/絶縁抵抗値)
---
瞬断検査
(瞬断検知幅)
160ms.Max

NMC60+

ナックを代表する「国内外導入実績№1の導通チェッカー」です。使い易さ・機能・高速性はこのクラスではダントツです。

ハーネスチェッカーの一覧
導通検査
(導通判定値)
18KΩ
抵抗検査
(抵抗判定値)
---
耐圧検査
(試験電圧)
---
絶縁検査
(試験電圧/絶縁抵抗値)
---
瞬断検査
(瞬断検知幅)
70ms.Max