校正サービス CALIBRATION SERVICE

校正サービス

ナックコーポレーションではハーネス検査器・瞬間断線検査器の校正サービスを実施しております。(メーカー推奨1年)

校正サービスをご希望する方は、こちらのフォームからお問合せください。

追加料金なく、通常より短期間で実施可能な、
校正エクスプレスサービスをご希望の方は、こちらをご確認下さい。

校正価格について

検査器校正価格についてはこちらからご確認いただけます。



メーカーによる校正サービスの利点

ナックコーポレーションはメーカーとしてできる限り出荷時の性能に近づけ、いつでも最適な状態でご使用できるよう校正をおこなっております。

校正費用には、以下の8項目が全て含まれています。

01
校正値の測定校正した値が検査成績書に記入されます。値が範囲に入っているだけでなく、性能的に妥当性のある値かをチェックし、
場合によっては、前回校正や出荷校正の値と比較し劣化進行状態を確認します。
これによって劣化部品の交換時期を判断し、長期安定した測定を提供致しております。
02
校正値を極力、規格値の中央値に調整規格内に入ってさえいればよいだけでなく、更に規格値のセンターに調整します。
これは校正値がご使用中に規格値から外れるリスクを最小限にするためです。
03
検査器の内部のクリーニング(汚れ具合によっては洗浄もおこないます)使用される場所によっては、内部に埃や汚れなどが付着します。
それを放置したままで使用を続けると正しい試験が出来ないだけでなく、寿命にも影響を与えます。
ナックコーポレーションへ送付いただいた検査器に行う最初の作業です。
04
劣化が進んだ内部デバイスの無償交換装置ですので当然、経年変化によって劣化が進行します。特に高電圧に関るデバイスはその影響を受けます。
それら放置すれば、たとえ校正が規格値内だったとしても近い将来、正しい試験ができなくなる可能性もあります。
私たちの校正には、メーカーとしてそのような可能性を少なくするためのサービスも含まれいます。
05
軽微な破損箇所の無償修理長期間のご使用中には、試験に影響しないまでも扱い方によって軽微な破損もあると思います。
そのような箇所を発見した場合は、できる限り補修のするのもメーカーとしての校正サービスです。
06
校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図の添付これらの書類は、メーカー校正として標準で料金内に含まれます。
また、お客様の管理番号等の記載項目追加も対応致しておりますので、お気軽にご相談下さい。
07
10年間の校正データの保存管理お客さまの校正データは、紙面及びデータとして10年間保存されます。
過去の校正データも必要とあれば提出することが可能です。[*1]
08
ファームウェアのアップデートサービスお客さまのご要望があれば検査器本体のファームウェアを最新のバージョンにアップデート致します。

[*1]有料になる場合があります。

民間や公的な外部校正機関では上記の1.と6.のみが殆どです。
ナックコーポレーションのメーカー校正は、お客さまが検査器を長く、そして快適にご使用頂くためにできる限りのサービスをおこなっております。