標準ファームウェア

firmware

ファームウェア

USBドライブが搭載されたハーネス検査器、瞬間断線アナライザーは、本体のファームウェアを最新のものにアップデートすることが可能です。

  • 掲載されているファームウェアは現時点における最良のものです。
  • ファームウェアのアップデートはご自身の責任で行って下さい。
  • 本ファームウェアをダウンロードし、検査器バージョンをアップデートすることによって発生するお客様の損害・損失・不利益等につきましては免責とさせて頂きます。
  • 本ファームウェアに関する所有権、知的財産権、その他一切の権限は、弊社に帰属します。
  • アップデート中は、絶対に本体の電源を切らないでください。また、アップデート用USBの抜き取りを行わないでください。電源が切れてしまった場合は、本体が正常に動作しなくなり修理が必要になります。
  • 取扱説明書は、最新のものにしてください。

ファームウェアアップデート実施方法動画

動画にてファームウェアアップデート方法を確認いただけます。




ファームウェア アップデート方法

1.アップデート用USBメモリの準備

  • 何も保存されていない空のUSBフラッシュメモリをご用意下さい。
  • FAT32でフォーマットされているかご確認ください。
  • 本ページよりダウンロードしたファイルを解凍し空のUSBメモリに1個だけ保存します。

2.検査器の準備

  • PC通信でご使用の場合は、PC通信ケーブルを抜いて下さい。
  • 電源を入れて現バージョンの確認をして下さい。(他の機種や本体と同じバージョンのUPDATEファイルは認識されません。)
  • 検査器が正常に動作するかを確かめるため、メニュー5の【自己診断】をして下さい。
  • 万が一に備え、検査データを""アップデート用USBメモリ""とは別のUSBメモリにアップロードして下さい。

3.アップデート作業

*アップデートに失敗した場合はプログラム正常に復旧させるために本体を弊社に送って頂くことがあります。
アップデート作業中に電源を切ったり、アップデート用USBを抜くと故障しますのでお気を付け下さい。

  • アップデート用USBメモリを、検査器前面のUSBドライブに挿入して下さい。
  • 挿入したら、検査器本体の電源をONして下さい。
  • 下図の様にファームウェアのチェックが始まります。
  • ファームウェアのチェックが終了すると、【ピッ!!】と音が鳴り下図の様にファームウェアをアップデートするか聞かれます。

    【UpdateProgram?】の画面で【YES】を選択し、本体の白色のボタン【SET-SW】を押下します。

  • 検査器本体の【OKランプ】と【NGランプ】が交互に点滅し、上図の様な画面になります。

    (*NMS10の場合は、【CH6-LED】と【CH7-LED】が交互に点滅します)

  • 1〜3分程そのままで御待ち下さい。
  • 【OKランプ】のみが点灯している状態であればファームウェアのアップデート完了です。必ず本体の【OKランプ】のみが点灯していることを確認して下さい。

    (*NMS10の場合は、【CH6-LED】のみが点灯します。)

  • 本体の電源を[OFF]してUSBメモリを抜いて下さい。

4.アップデート確認

  • 本体の電源を[ON]して頂き、2でご確認頂いたバージョンから変わっているかをご確認ください。

標準ファームウェア

ファームウェアダウンロードはこちらから

リリース日 バージョン 更新内容 対応機種
2019/8/1 NMF-STD1908A ・最新バージョンです。 NMFシリーズ
2019/7/23 NMA-STD1907B ・最新バージョンです。 NMAシリーズ
2019/7/23 NMGplus-STD1907A ・最新バージョンです。 NMG+シリーズ
2019/7/23 NMK-STD1907A ・最新バージョンです。 NMKシリーズ
2019/7/23 NMS-STD1907A ・最新バージョンです。 NMS10
2018/5/21 NMG-STD1007F ・最新バージョンです。 NMGシリーズ