【業種別3】防衛業界のケーブル・ワイヤーハーネスの検査について

検査・試験の考え方

防衛業界のケーブル・ワイヤーハーネスの検査について

防衛業界のハーネス検査の要求や特徴

1.概要

戦闘機、ヘリコプター、特殊車両、船舶、誘導機器などのハーネス・ケーブルには高品質な検査が不可欠です。
ナックコーポレーションは、ハーネス検査器専門メーカーとして、防衛業界のハーネス検査実現に実績がございます。


  • ・小型/軽量/気密性/対ノイズ性
  • ・極限の環境にも耐えられる設計
  • ・様々な規格の準拠(防衛省規格、MIL、JISなど)の高度な要求で信頼性を実現
  • ・合否の判定、測定できる全ての情報を記録し、長期保存
  • ・巨大なハーネスであるため、中間検査や最終検査と複数工程で実施

2.実施されているハーネス試験

  • ・配線、抵抗、耐圧、絶縁試験が実施されている
  • ・配線試験のしきい値である、判定抵抗値は、明確に決定 例:導通は1Ω以下と低く、オープンについて10MΩ以上
  • ・抵抗試験では、1Ωレベルでの測定が求められます。さらにレベルが高い場合はケルビン接続(4線式低抵抗試験)にて、純粋な被検査物の導体抵抗を測定/判定
  • ・耐圧試験では、1対他全部のスキャン方式、 もしくは1対1の総当たりスキャン方式にて、1印加あたり60秒間の印加
  • ・長尺ケーブルへはDC耐圧を採用
  • ・絶縁試験でも、耐圧試験と同様、厳密な方式が採用。スキャン方式や、コネクタ単位での絶縁抵抗試験を行う
  • ・ハイ側、ロー側の印加指定や、回路毎に異なる電圧設定や、絶縁抵抗値を設定
  • ・衝撃や振動下での導通状態を確認する、瞬間断線試験の需要高い
防衛業界のハーネス検査に、国内外多くの実績がございます。 品質の高い、効率的な検査は、ナックコーポレーションへご相談ください。

3.運用

  • ・一つの検査に多くの情報が紐づけられる。検査後の履歴インスペクションシートには、電線1本ずつに対して、各試験の実測値と判定結果が記載
  • ・被検査物が巨大であるため、車輪付きのワゴン型検査器もご提案可能
  • ・ナックコーポーレションのハーネス検査器は接点寿命がない、特殊な半導体リレーを採用し、防衛業界にて大変好評
  • ・メンテナンスフリーの検査器として、故障が少ない
  • ・トレーサビリティを証明する校正作業も、弊社で迅速に対応

防衛業界のハーネス検査に多くの実績がございます。 品質の高い、効率的な検査は、ナックコーポレーションへご相談ください。