STEP検査で複数の検査を連続実施 ハーネス検査器単体

ハーネス検査器単体操作動画

株式会社ナックコーポレーションのハーネス検査器にはSTEP検査という機能がございます。

STEP検査では2つ以上の検査を連続で行うことにより、 回路や仕様の異なる検査をスムーズに実施することができます。
検査器単体、PCソフトどちらでも実施可能です。
複雑な試験仕様にて実施する場合はPCソフトをご利用ください。
ホームページより無償でダウンロードが可能です。

動画テキスト 【複数の検査を連続実施】STEP検査 ハーネス検査器単体

ハーネスについたスイッチやボリュームなどの機能確認に使用可能

本動画ではハーネス検査器単体でのSTEP検査について説明いたします。
ワイヤーハーネスの検査では、スイッチやボリュームなどの機能確認を求められることがあります。
STEP検査とは2つ以上の検査データを連続で検査する機能です。
例えば回路や検査スペックが変わるハーネスもスムーズに検査することが可能です。



連続して検査したい品番の先頭に$をつけて作成

ハーネス検査器単体でのSTEP検査では
品番の頭に”$”をつけてデータを作成してください。
”$”がついた検査データを連続して検査します。
通常検査データ、もしくは空白があればその直前の検査データまでを検査します。



今回はNAC01SWを例とします。
メニューから試験を開き、検査データを確認します。
図のように、品番が登録されています。



NAC01SWOFF ON の検査を連続して実施します。
メモリ品番の若い、$NAC01SWOFFを選択して進みます。
今回はOK待ちにて検査を実施します。
OFFの検査の終了、次の検査に進みます。
ハーネスのスイッチをオンにします。
OKが表示されました。全てのステップが完了した際に表示されます。



スイッチやボリュームなどの機能確認にご利用ください。
またPCでは複雑な試験仕様でSTEP検査が可能です。説明内のリンクをご確認ください。

PCでのSTEP検査を確認する
本動画での説明は以上です。