USBでの検査器データ取込・書込(UPLOAD/DOWNLOAD)

ハーネス検査器単体操作動画

株式会社ナックコーポレーションのハーネス検査器における、
検査データUPLOAD/DOWNLOAD 方法についてご説明いたします。

UPLOAD:検査器内のデータをUSB内に上書き
DOWNLOAD:USB内の検査データを検査器に上書き

検査データの管理がスムーズに行える便利な機能です。
また検査データは管理ツールにより簡単に編集することができます。

USB検査データ管理ツール操作方法はこちら

動画テキスト ハーネス検査器USB検査データUPLOAD/DOWNLOAD 方法

検査器のデータを吸い上げるUPLOAD データを上書きするDOWNLOAD

本動画では検査データのアップロード、ダウンロードについて説明いたします。
ナックコーポレーションの検査器では、検査器内部のデータをUSBによって管理することができます。
*USBドライブ搭載検査器のみ

UPLOADでは検査器データをUSBメモリに、
DOWNLOADではUSBメモリ内のデータを検査器に上書きすることができます。
データのバックアップを作成してからの実施をお願いいたします。

またUSB検査データは管理ツールにより簡単に編集が可能です。
USB検査データ管理ツール操作方法はこちら



操作方法紹介

まずアップロードについてです。
USB内にUPLOADという空フォルダを作成します。

次に検査器の電源を入れてください。
メニューと書かれている画面で、USBを挿入します。
アップロードが完了、USB内に検査データが保存されました。
"UPLOAD"フォルダを確認します。
検査データが保存されています。



ダウンロードを実施する際は検査データが保存されたDOWNLOADというフォルダを作成します。
同様にメニューと表示されている画面でUSBを挿入します。
ダウンロードが完了、検査器内部に検査データが保存されました。
本動画での説明は以上です。