【必須】PCソフトウェアの管理者権限の付与

ハーネス検査用PCソフト操作動画

動画テキスト ハーネス検査用ソフトウェアの互換性設定・管理者権限の付与

アイコン右クリック、プロパティから管理者権限の付与

本動画ではWireExpressの互換性および管理者権限についてご説明いたします。
インストールが完了しましたらアイコンが作成されます。
アイコンを右クリックしプロパティから互換性を開きます。

互換モードにチェックを入れ、Windows XP service pack 3を選択します。
*Windows XP Service Pack 3はWindowsバージョンによっては不要となりました。

"管理者としてこのプログラムを実行する"にチェックを入れます。
またすべてのユーザーにもこれを適用します。
クリックで開き同様に互換モード、管理者権限について設定します。
これで互換性設定は完了です。




管理者権限の付与をせずに使用した場合

管理者権限の付与を行わずに検査器を使用した場合、検査データや履歴が意図した場所に保存ができなくなる場合がございます。
これは権限がないために、ソフトウェアのデータ書き込み命令が止められてしまうためです。

その際、大切な検査データや履歴が消去されるわけではなく、Windowsが別ファイルを自動に生成、保存します。
下記にその保存先をご紹介いたします。
もし管理者権限付与をせずに検査データ作成や検査実施された際はご確認をお願いいたします。
この症状は管理者権限を付与することで、正常化します。



データ・履歴の保存先確認

〜管理者権限が未付与状態での発生し得る保存先〜
Cドライブ\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Local\VirtualStore\Program Files もしくは Program Files(x86)\WireExpress もしくはNM1500

〜正常な保存先〜
Cドライブ\Program Files もしくは Program Files(x86)\WireExpress もしくは NM1500