ハーネス検査用ソフトウェアバージョンアップ方法 WireExpress Hi-Potにて

ハーネス検査用PCソフト操作動画

動画テキスト ソフトウェアバージョンアップ方法

バックアップ作成を必ず行ってください

本動画ではソフトウェアのバージョンアップについてご説明いたします。
旧ソフトアンインストールを実施し、新しいソフトウェアをインストールします。
まずデータのバックアップをデスクトップに作成します。

Cドライブ内のprogram filesもしくはprogram filesX86を開きます。
WireExpress Hi-Potの場合は"NM1500"というフォルダになっています。
*WireExpress の場合は"WireExpress"というフォルダになっています。
*こちらに存在しない場合はインストール先が異なる可能性がございます。

こちらのフォルダををコピーしデスクトップに貼り付けをバックアップとします。



ソフトウェアをアンインストールします

次にアンインストールを行います。まず左下のスタートを開きます。
設定をクリックします。
アプリをクリックします。
該当するアプリケーションを選択します。
今回がWireExpress Hi-Pot3.00を選択します。
*最新版を選択ください。
*アンインストール方法はWindowsのバージョンによって異なります。

アンインストールをクリックします。
「すべてはい」を押します。
アンインストールが完了するとデスクトップのアイコンが消えます。





HPでダウンロードしたソフトウェアのインストールを行います

ホームページよりダウンロードしたset upを開いてください。
ダウンロード方法は本動画の概要欄に説明動画リンクがございます。ご確認ください。
*ソフトウェアページへ

今回は事前にダウンロードされている"setup"を開きます。
次へを押して進みます。
インストールが完了するとアイコンが表示されます。
開いてデータが問題がなく読み込まれていることを確認します。
これでバージョンアップは完了です。





旧バージョン remote.mdb の上書きが必要な場合がございます

バージョンによってはそのままではデータが読み込まれない場合がございます。
その際は以降の操作をお願いいたします。
デスクトップにコピーしたNM1500フォルダを開きます。
remote.mdbをコピーし、これを新しくインストールしたフォルダ内に上書きします。
本動画での説明は以上です。